2019/05/07 15:00

ルピタ・ニョンゴ主演 トレバー・ノア回顧録を映画化する脚本家が決定

ルピタ・ニョンゴ 写真:AP/アフロ
ルピタ・ニョンゴ 写真:AP/アフロ

 [映画.com ニュース] 「ザ・デイリー・ショー」司会者の人気コメディアン、トレバー・ノアのベストセラー回顧録「トレバー・ノア 生まれたことが犯罪!?」を、オスカー女優ルピタ・ニョンゴ主演で映画化する新作に、脚本家ジャニン・エーザーが起用された。

 エーザーはこれまで、アフリカーナの男性とズールー人の女性の恋愛を描いたコメディ映画「Fanie Fourie's Lobola(原題)」や、ネルソン・マンデラを描いたミニシリーズ「Madiba(原題)」を執筆している。

 南アフリカ出身のノアは1984年、コサ族の血を引く黒人のパトリシアと、スイス人の白人の父との間に生まれた。アパルトヘイト政策が敷かれていた当時は異人種間の恋愛・結婚は違法で、パトリシアは5年投獄され、その後、父はスイスに帰国。ノアは、パトリシアと祖母に育てられた。パトリシアは2009年に教会からの帰宅途中、ノアの義父から頭部を撃たれたが、命に別状はなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >