2019/05/07 15:00

ルピタ・ニョンゴ主演 トレバー・ノア回顧録を映画化する脚本家が決定

 原作は2016年に出版され、26週ベストセラーランキングに入る大ヒット作を記録した。米Deadlineによれば、映画「Born a Crime(原題)」は、ニョンゴが子ども時代のノアに大きな影響を与えた母パトリシアを演じる。歌手アレサ・フランクリンの伝記映画「Respect(原題)」(ジェニファー・ハドソン主演)が控える、南アフリカ出身のリエスル・トミーが監督。ノア、ニョンゴがプロデュースを手がける。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >