2019/05/08 16:00

TAKAHIRO、俳優としてのターニングポイントになった“しゃべらない中での表現”

長編作品で単独初主演を務めた (C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会
長編作品で単独初主演を務めた (C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

 [映画.com ニュース] ダンス&ボーカルグループ「EXILE」のTAKAHIROが、長編作品で単独初主演を務めた「僕に、会いたかった」。見た目のイメージをガラリと変えて寡黙な漁師を演じ、俳優として新境地を見せたTAKAHIROが、撮影を振り返った。

 隠岐島を舞台にした本作は、ある事故をきっかけに記憶を失った漁師の徹(TAKAHIRO)が、献身的に支える母や、本島からやって来た“島留学”の学生たちと触れ合いながら、事故の真相と向き合い、“自分自身”を見つけ出していくさまを描く。「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」「たたら侍」などで知られる錦織良成監督がメガホンをとった。

 これまでも映画出演はあったが、長編での単独主演は本作が初めて。「未知数な部分もあったのですが、EXILE TAKAHIRO像とは全く真逆の役ということもあって、すごくやりがいがありました。雄大な自然、キャストのみなさんを含めいろんな環境が支えてくれたように感じます」と、隠岐島で行われた撮影を振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >