2019/05/09 05:00

米ディズニー、フォックス作品を精査 生き残る道は大人向けの作品!?

前日譚「ザ・グレート・ゲーム(原題)」は 予定通りに製作される見込み (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
前日譚「ザ・グレート・ゲーム(原題)」は 予定通りに製作される見込み (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

 [映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーが、20世紀フォックスで準備中の映画作品を精査していると米ハリウッド・レポーターが報じている。

 ディズニーは3月20日(現地時間)、713億ドルで21世紀フォックスの買収完了を発表。以降、映画部門を統括するウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長は、20世紀フォックスで準備中の作品を整理してきた。

 すでに、トム・ハンクス主演の「ニュース・オブ・ザ・ワールド(原題)」をユニバーサル・ピクチャーズ、ベストセラー小説の映画化「On the Come Up(原題)」をパラマウント・ピクチャーズに売却。また、5月にクランクイン予定だったグラフィックノベルの映画化「マウス・ガード」も予算1億7000万ドルが高すぎるという理由で中止し、他スタジオに売却される見通しだ。

 一方で、マシュー・ボーン監督の「キングスマン」の前日譚「ザ・グレート・ゲーム(原題)」や、低予算映画「Fear Street(原題)」、スピルバーグ監督の「ウエストサイド物語」、ライアン・レイノルズ主演「フリー・ガイ(原題)」、「オリエント急行殺人事件」の続編「ナイルに死す(原題)」などは、そのまま製作される見通し。4月18日に撮影を終えた「アバター2」をはじめとする「アバター」続編4作品も、問題はなさそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >