2019/05/09 12:00

中南米の“国民的”怪談が「死霊館」ユニバースに仲間入り その怖さの秘密とは?

 [映画.com ニュース] 大ヒットホラー映画「死霊館」ユニバースの新作「ラ・ヨローナ 泣く女」が、5月10日に全国公開を迎える。本作で長編監督デビューした新鋭マイケル・チャベス監督をはじめ、主演女優のリンダ・カーデリニ(「グリーンブック」)らに、米テキサス州オースティンで3月に開催されたイベント「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」でインタビューを敢行。本作の“怖さ”の秘密を聞いた。

 タイトルの“ラ・ヨローナ”とは、ラテンアメリカに伝わる恐ろしい怪談。我が子を川で溺死させた母親が、幽霊となってこの世をさまよい、その泣き声を聞いた子どもは連れさられてしまう。映画は、「ソウ」シリーズや「死霊館」シリーズでハリウッドを代表するヒットメーカーとなったジェームズ・ワンが製作。ラ・ヨローナの呪いから我が子を守ろうとする主人公アンナをカーデリニ、リンダを手助けする元聖職者ラファエルをレイモンド・クルツ(「エイリアン4」)、ラ・ヨローナに子どもを奪われた母親をパトリシア・ベラスケス(「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」)が演じた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >