2019/05/09 15:00

水谷豊、最新作「轢き逃げ」で継承したイーストウッドの“監督術”は?

(左から)水谷豊、中山麻聖、石田法嗣
(左から)水谷豊、中山麻聖、石田法嗣

 [映画.com ニュース] 水谷豊が監督・脚本・出演した「轢き逃げ 最高の最悪な日」が、5月10日に公開を迎える。初メガホンとなった「TAP THE LAST SHOW」から2年を経ての監督最新作は、ひき逃げ事件を発端に、人間の業と本性があらわになるさまを描き切った骨太な一作に仕上がった。監督として、脚本家として、俳優として……どのようにしてこの“高み”まで、作品を引き上げたのか。オーディションで見出した気鋭俳優、中山麻聖と石田法嗣を交え、製作背景を語った。(聞き手:松崎健夫 文:編集部)

 本作は、結婚式を数日後に控える青年・秀一(中山)が運転する車に、親友の輝(石田)が乗り込む場面から始まる。結婚式の打ち合わせに遅れてしまい焦る2人は、裏道を通ろうとした矢先、ひき逃げを起こしてしまう……。冒頭から末尾まで物語を引っ張る映画の“顔”を選ぶにあたり、水谷監督は「(主演2人の)オーディションに関しては、最初は僕も立ち会おうと思ったのですが、色々と考えてやめたんです」と舞台裏を明かす。そこには、役者と監督の両方を経験してきた水谷監督ならではの“感覚”があったという。「(自分が)役者をやっていると、役者の気持ちがよくわかる。違う情が動いたら嫌だなと思いまして、最後何人かに絞ったところでDVDをいただいて、それを見て決めました」(水谷監督)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >