2019/05/11 15:19

TAKAHIRO、母親演じた松坂慶子にカーネーション「これからもお母さんと呼ばせて」

TAKAHIROと松坂慶子
TAKAHIROと松坂慶子

 [映画.com ニュース] ダンス&ボーカルグループ「EXILE」のTAKAHIROが、長編作品で単独初主演を務めた「僕に、会いたかった」の公開記念舞台挨拶が5月11日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われ、TAKAHIROをはじめ、松坂慶子、山口まゆ、柴田杏花、秋山真太郎、錦織良成監督(「たたら侍」)が出席した。

 事故に巻き込まれ記憶を失った漁師の徹(TAKAHIRO)が、献身的に支える母(松坂)や、本島からやって来た島留学の学生たちと触れ合いながら、事故の真相と向き合い、“僕”を見つけ出していく。5月10日、全国128スクリーンで封切られた。

 TAKAHIROは、母親役で共演した松坂について「初めてお会いしたときは、さすが大女優さんという感じで、後光がさしていて、神秘的だった」と回想。ロケ地となった島根県・隠岐の島で、漁村の女性を演じる松坂の姿には「地元のお母さんとして、その場にすっと立っていらっしゃって、さすがだなと思った。こんなおきれいな方が、お母さんでいてくれて……。触れられるだけで、涙腺が緩んだ」と敬意を示した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >