2019/05/13 08:00

ローランド・エメリッヒ監督、新作はSFアクション大作「Moonfall」

ローランド・エメリッヒ監督 写真:UPI/アフロ
ローランド・エメリッヒ監督 写真:UPI/アフロ

 [映画.com ニュース] 「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」などで知られるディザスター映画の巨匠ローランド・エメリッヒ監督が、新作「Moonfall(原題)」で再び宇宙を舞台にしたアクション巨編に挑むことがわかった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

 エメリッヒ監督の製作会社セントロポリス・エンタテインメントが1億5000万ドルという巨額を投じて製作する同作は、謎の力によって軌道から外れた月が地球めがけて落下してくるなか、衝突を回避して地球を壊滅の危機から救うべく、月へと向かった寄せ集めチームの決死のミッションを描くSFディザスターアクション。

 エメリッヒ監督が、「紀元前1万年」「2012」など数多くの作品でタッグを組んできたハラルド・クローサーならびにスペンサー・コーエン(「エクスティンクション 地球奪還」)と共同で脚本を執筆のもと、自らメガホンをとる。世界配給権を獲得したAGCスタジオとCAAメディア・ファイナンスにより、5月14日開幕の第72回カンヌ国際映画祭に併設される見本市カンヌ・フィルム・マーケットに出品されるそうで、争奪戦が勃発するのは間違いなさそうだ。

 現在まだ準備の初期段階にあるため、キャストやその他の詳細については不明だが、2020年初頭にクランクインを予定している。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >