2019/05/14 17:00

【全米映画ランキング】「アベンジャーズ エンドゲーム」V3 「名探偵ピカチュウ」は2位デビュー

「アベンジャーズ エンドゲーム」がV3 (C)2019 MARVEL
「アベンジャーズ エンドゲーム」がV3 (C)2019 MARVEL

 [映画.com ニュース]先週末の全米ボックスオフィスは、4本の新作がトップテン内にランクインするも、マーベル・スタジオの「アベンジャーズ エンドゲーム」が公開3週目にもかかわらず約6300万ドルの興収をあげて首位を守り、V3を果たした。

 同作の累計は約7億2350万ドルとなり、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)では「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(18年/約6億7880万ドル)、「ブラックパンサー」(18年/約7億ドル)を抜いて1位に。そして北米では「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(15年/約9億3600万ドル)、「アバター」(09年/約7億6000万ドル)に次ぐ歴代3位につけている。前週「タイタニック」超えを果たし歴代2位となった世界興収は約24億8900万ドルに達したが、首位「アバター」とはまだ約3億ドルの差がある。

 約5800万ドルのオープニング興収で2位デビューとなったのは「名探偵ピカチュウ」。同名ビデオゲームを映画化した「ポケットモンスター」シリーズ初の実写化作品。長年親交のなかった父親ハリーが死んだとの報せを受け、人間とポケットモンスターが共存して暮らす「ライムシティ」を訪れた青年ティムが、ハリーの元相棒ピカチュウと出会い、ハリーが調べていた事件をコンビで調査するというストーリー。出演は主人公ティムに「ジュラシック・ワールド 炎の王国」のジャスティス・スミス、渡辺謙、ビル・ナイ、スキ・ウォーターハウス、リタ・オラ、そしてピカチュウのボイスキャストにライアン・レイノルズ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >