2019/05/14 19:30

スティーブン・キング「呪われた町」を、「死霊館」ジェームズ・ワン&ゲイリー・ドーベルマンが映画化

ジェームズ・ワン監督 Photo by Frazer Harrison/Getty Images for AIF
ジェームズ・ワン監督 Photo by Frazer Harrison/Getty Images for AIF

 [映画.com ニュース] 大ヒットホラー「死霊館」「アナベル」シリーズのクリエイターコンビ、ジェームズ・ワン&ゲイリー・ドーベルマンが、作家スティーブン・キングのバンパイア小説「呪われた町」を映画化することがわかった。

 1975年に出版された「呪われた町」は、廃墟と化した洋館について執筆するため故郷の町に戻った作家が、洋館はヨーロッパから来た謎の男の手に渡ったことを知る。やがて周辺で次々と不可解な出来事が起こり、町の人々が吸血鬼に蝕まれていると気づいた作家は、洋館で謎の男と対決することになる、という物語。原作はこれまで劇場映画として製作されたことはないが、1979年にミニシリーズ「死霊伝説」、87年にその続編が製作され、2004年にもミニシリーズ「死霊伝説 セーラムズ・ロット」としてドラマ化された。

 米ハリウッド・レポーターによれば、新作はキング原作の映画「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」の脚本家でもあるドーベルマンが執筆し、製作総指揮を務める。ワン、ロイ・リー、マーク・ウルパーがプロデュース。監督はまだ明らかになっていない。

 ワンとドーベルマンが製作した「死霊館」シリーズの最新作「ラ・ヨローナ 泣く女」(マイケル・チャベス監督)は先日、全米週末興行ランキングで初登場1位を記録した。日本では5月10日から公開。また、ドーベルマンが長編初メガホンをとった「アナベル」シリーズの最新作「アナベル 死霊博物館」は、6月28日から全米公開。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭でばかり考えようとすると、本当のことがわからなくなりそう...もっと見る >