2019/05/14 22:37

伊藤健太郎、ラブラブな片寄涼太&川栄李奈に嫉妬!? 片寄の水槽サプライズに驚きも

湯浅政明監督によるオリジナル劇場アニメ
湯浅政明監督によるオリジナル劇場アニメ

 [映画.com ニュース]湯浅政明監督によるオリジナル劇場アニメ「きみと、波にのれたら」の完成披露舞台挨拶が5月14日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、声優を務めた片寄涼太(「GENERATIONS from EXILE TRIBE」)、川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎、メガホンをとった湯浅監督が登壇した。

 海辺の街を舞台に、消防士の青年とサーファーの女子大生が繰り広げる青春ラブストーリー。自分の未来に自信がもてない向水ひな子(むかいみず・ひなこ/声:川栄)は、消防士の雛罌粟港(ひなげし・みなと/声:片寄)と出会い、恋に落ちる。だが港は海の事故で命を落とし、ひな子は悲しみのあまり海が見られなくなってしまう。ある日、ひな子が思い出の歌を口ずさむと、水の中から港が現れる。

 冒頭では片寄が姿を見せず、MCの「片寄さんは渋滞にはまって遅刻していますので、到着されるまでの時間、主人公の港さんを呼んでいます!」という言葉に続き、ステージ中央に設置された巨大な水槽に劇中のキャラクターである港が映し出される。片寄の声で「ひな子、ここだよ」と話し始めた港は、観客からの質問コーナーに挑戦した。「港とひな子の思い出の歌を歌ってほしいです」というリクエストに、焦ったような声色の港が「恥ずかしいよ、そろそろ時間だ!」と答えるやいなや、ステージにスモークが発生。スモークが晴れると、水槽の奥から片寄が登場し、会場は割れんばかりの歓声に包まれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >