2019/05/20 16:00

カンヌ映画祭「ロケットマン」お披露目 エルトン・ジョンがレッドカーペットに

プライベートビーチではサプライズコンサートも行われた Photo by Marc Piasecki/FilmMagic
プライベートビーチではサプライズコンサートも行われた Photo by Marc Piasecki/FilmMagic

 [映画.com ニュース]カンヌ国際映画祭の3日目を迎えた5月16日、アウト・オブ・コンペティション部門でエルトン・ジョンの半生を映画化した話題作「ロケットマン」が上映された。この日はエグゼクティブ・プロデューサーを務めたエルトン・ジョン自身も、お馴染みのハートのサングラスと背中に「ロケットマン」とラメのロゴを入れたスーツで登場。彼を演じた、プライベートでも仲のいいタロン・エガートン、デクスター・フレッチャー監督らとレッドカーペットを歩き、華やかに盛り上げた。

 フレッチャー監督といえば、「ボヘミアン・ラプソディ」の製作総指揮を担当し、ブライアン・シンガー降板ののちの実質的監督として知られるが、フレディ・マーキュリーに続き今回は、エルトンの半生を自らメガホンを握り映画化。スーパースターとしての栄光の陰で、父親の愛を得られずに育ち、ドラッグ、アルコール、過食、浪費など、さまざまな中毒を抱えた彼の困難な半生が、ミュージカルシーンも織り交ぜて描かれる。エルトン自身、ゲイであることを公言していたともに、映画製作にあたってはスタッフに自由に任せたというだけに、ベッドシーンを含めマネージャーとの波乱に富んだ恋愛などが率直に描かれている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >