2019/05/22 10:00

貧民街で生まれた少年が“僕を生んだ罪”で両親を告訴 カンヌ受賞の衝撃作、予告入手

カンヌ、アカデミー、ゴールデングローブで話題を呼んだ注目作 (C)2018MoozFilms
カンヌ、アカデミー、ゴールデングローブで話題を呼んだ注目作 (C)2018MoozFilms

 [映画.com ニュース]第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で、審査員賞とエキュメニカル審査員賞に輝いた「存在のない子供たち」の予告編とポスタービジュアルを、映画.comが先行入手した。今年の同映画祭で、ある視点部門の審査員長に就任したレバノン出身のナディーン・ラバキー監督がメガホンをとり、中東の貧民街に生まれた12歳の少年が「自分を生んだ罪」で両親を訴えるという衝撃的な物語を紡ぐ。

 第91回アカデミー賞と第76回ゴールデングローブ賞の外国語映画賞にノミネートされ、話題を呼んだ本作。厳しい貧困の中で生まれたゼインは、両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日を知らず、法的には社会に存在すらしていない。学校に通えず、兄妹とともに朝から晩まで路上で物を売る生活を送っていた。ある日、大切な妹が11歳で強制結婚させられたことを機に、ゼインは家を飛び出し、さらに過酷な現実に巻き込まれていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >