2019/05/22 18:00

2019年カンヌ映画祭、コンペ前半はアルモドバルと仏女性監督作に高評価

ペドロ・アルモドバルの「Pain and Glory」に出演したペネロペ・クルスとアントニオ・バンデラス Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images
ペドロ・アルモドバルの「Pain and Glory」に出演したペネロペ・クルスとアントニオ・バンデラス Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images

 [映画.com ニュース]5月14日に始まったカンヌ国際映画祭も折り返し地点を迎え、下馬評が上がり始めた。前半で評価が高いのは、ペドロ・アルモドバルの「Pain and Glory」と、フランスの女性監督セリーヌ・シアマの「Portrait of a Lady on Fire」。

 アルモドバルは、彼の自伝的な物語をアントニオ・バンデラス主演で映画化したもの。心身ともに不調に陥った映画監督が、アーティスティックなエゴと孤独のあいだで揺れる心情を、この監督らしい映像表現とともに率直に語り、胸を打つ。カンヌ常連でありながら未だパルムドールに輝いていないアルモドバルだけに、本作の受賞を期待する声も多い。

 日本で劇場公開されたのは「水の中のつぼみ」(08)のみのシアマだが、フランスでは評価が確立された監督だ。長編4本目で初のコンペティション入りとなった本作は、18世紀の女性画家を主人公に、彼女が描くモデルの娘との恋愛関係を繊細に、情感豊かに綴る。プライベートでも監督のパートナーであるアデル・エネルと新鋭ノエミ・メルランの共演が瑞々しい感動をもたらす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >