2019/05/22 19:00

「空母いぶき」の爆笑シーン!? 山内圭哉のコテコテな関西弁にハマる本編映像公開

ユーモラスな熱演が光る山内圭哉 (C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/ 「空母いぶき」フィルムパートナーズ
ユーモラスな熱演が光る山内圭哉 (C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/ 「空母いぶき」フィルムパートナーズ

 [映画.com ニュース] 西島秀俊と佐々木蔵之介が共演し、累計発行部数が500万部を突破した人気漫画が原作の映画「空母いぶき」の本編映像が公開された。映像では、緊迫したシーンの中で笑いを誘う、護衛艦「いそかぜ」の艦長・浮船武彦役を務めた山内圭哉のコテコテの関西弁を堪能することができる。

 「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじ氏が手掛けた漫画を、若松節朗監督(「沈まぬ太陽」「夜明けの街で」)が実写映画化。航空機搭載型護衛艦「いぶき」の乗組員たちと国籍不明の軍事勢力との攻防を描き出す。いぶき」艦長の秋津竜太を演じた西島、副長の新波歳也に扮した佐々木のほか、本田翼、小倉久寛、高嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、中井貴一、佐藤浩市ら豪華キャストが顔をそろえた。

 本編映像では、敵味方ともに犠牲者を出さないよう、「いそかぜ」が砲撃によって敵駆逐艦の無力化に挑もうとする場面が切り取られている。浮船艦長は、本気になるとつい関西弁が出てしまうという個性的なキャラクター。敵のことを「やっこさん」と呼び、砲撃の際は「いてまえー!」と叫ぶなど、コテコテの関西弁を駆使して乗組員に指示を出していく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >