2019/05/23 09:00

「アベンジャーズ エンドゲーム」ヒットの理由は “競合作品”への見解も聞く

 [映画.com ニュース] 世界歴代興行収入第2位に躍り出る超メガヒットを記録している「アベンジャーズ エンドゲーム」。アメコミヒーロー映画のヒットは難しいとされる日本でも、興収は50億円を突破している。一体、この快進撃の要因は何なのか。配給のウォルト・ディズニー・ジャパンでマーケティングを統括する目黒敦氏(チーフマーケティングオフィサー)に話を聞き、ヒットの理由を「名探偵コナン」など競合作品への見解もあわせて語ってもらった。

 2008年の「アイアンマン」から19年の「アベンジャーズ エンドゲーム」まで、これまでに22作品が製作されているマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)。ヒーローたちの活躍というド派手なエンタテインメントに、人間としての懊悩、そして今日性を持つさまざまなテーマを盛り込み、拡大と収縮、軋轢と調和を繰り返し現在まで紡がれてきた。

 「エンドゲーム」を「個人的な感想でいうと、最高でした」と褒めちぎった目黒氏。ヒットの要因を問うと「まずは作品が素晴らしかった」と切り出し、製作のマーベル・スタジオ社長ケビン・ファイギがけん引した長期戦略に言及する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >