2019/05/23 09:00

「アベンジャーズ エンドゲーム」ヒットの理由は “競合作品”への見解も聞く

 作品群は11年間におよび積み重ねられており、“大きな物語”を形成している。そしてその多くが、スーパーパワーを持つヒーローも我々と同じく弱さを抱える人間である、と説いている。観客は長い時間をかけてヒーロー(あるいはヴィランや脇役たち)に感情移入し、いつしか親近感を覚え、“フィクションの人物”だったはずが“実在する知り合い”とまで思うようになる。劇中で起こる出来事は、あたかも自分が経験したことのようであり、時に無上の喜びを感じ、時に心が千々に乱れる。その体験がMCU作品を“映画以上の存在”に昇華させ、世界的な熱狂を生んだという。

 「エンドゲーム」はMCUの中核をなす「アベンジャーズ」の完結編に位置づけられ、11年間の伏線をことごとく回収していくだけに、“上映時間11年”とも称されている。映画史に残るカタルシス全開のシーンが雨あられと押し寄せるため、感動を何度も味わうべくリピーターも後を絶たず、“シリーズ初心者”も多く来場しているそうだ。「主な観客は10代~30代の男性が多いですが、女性のグループもとても増えています。世界的なお祭りとも呼べる現象を目の当たりにして、『この映画を見ておかなければ』と来場されるお客様もいて、『エンドゲーム』から各ヒーローに興味を持ち『アイアンマン』『ドクター・ストレンジ』を見た、というお話も聞きました」(目黒氏)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >