2019/05/24 13:00

大剣豪の真実に切り込む「武蔵」監督が明かす、“本物”への異例のこだわり

こだわりの数々を語った三上康雄監督 (C)2019 三上康雄事務所
こだわりの数々を語った三上康雄監督 (C)2019 三上康雄事務所

 [映画.com ニュース] 「“本物”であればあるほど、人は感動します。見ている方々の心を動かそうと思ったら、しんどいこと、危ないこともしないといけない」。そう語るのは、約6年かけてオリジナル時代劇「武蔵 むさし」を作り上げた三上康雄監督。撮影の日々を振り返ってもらうと、現代では異例ともいえる強いこだわりの数々が明らかになった。

 三上監督が脚本・製作を兼ねた、史実に基づくオリジナルストーリーが展開する本格時代劇。小次郎の年齢を50歳半ばに設定し、若さみなぎる武蔵と円熟の小次郎による巌流島の決闘などを群像劇として描く。武蔵を細田善彦、小次郎を松平健が演じるほか、目黒祐樹、水野真紀、若林豪、中原丈雄、清水紘治、原田龍二、遠藤久美子、武智健二、半田健人、木之元亮らが共演する。

 中学から大学にかけて剣道の稽古に励んできた三上監督にとって、武蔵は憧れの人だった。これまでも数々の作品で武蔵が描かれてきたが、「今までの武蔵はマーベルのヒーローみたいに遠い人という感じがした」といい、「実は剣聖でもない、剣豪でもない、我々と変わらない“人間・武蔵”という部分を一番見てもらいたいんです」と、自ら史実を検証した結果を映画で表現することを選んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >