2019/05/24 17:06

「空母いぶき」ヒット目指し出航、西島秀俊は原作者からの手紙に「感無量」

興収10億突破が見込める出足
興収10億突破が見込める出足

 [映画.com ニュース] かわぐちかいじ氏の人気コミックを実写映画化した海洋アクション「空母いぶき」が5月24日、全国331スクリーンで封切られ、西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也と若松節朗監督が初日舞台挨拶を東京・TOHOシネマズ日比谷で行った。

 歴史上初となる自衛隊の防衛出動をめぐる24時間の攻防を描く内容なだけに、空母いぶき艦長役の西島は「かわぐち先生の原作はスケールがとにかく大きくて、テーマが深い。映画化は相当難しく、企画の段階から高いハードルがたくさんあった」と述懐。その上で「自衛官の方にたくさん話を聞くこともできたし、事前の準備をたくさんした。オールスタッフ、キャストが魂を込めて撮影したので、公開されてうれしい気持ちでいっぱいです」と語った。

 公開に際して寄せられた、かわぐち氏の手紙も読み上げられた。「製作陣の意志は、自衛隊を国防という本来の任務で、日本で初めて描くんだという強い思いだったと想像します。映像にみなぎる緊迫感は、国防という重要な問題を正面から描いている迫力です。原作者としてその映像に接することができ、これ以上の本望はありません」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >