2019/05/25 12:00

ウィル・スミスが語る“実写版ジーニー”の舞台裏「実は100%CGなんだ」

 [映画.com ニュース] 米俳優のウィル・スミスが約1年半ぶり、15回目のプロモーション来日を果たし、ディズニーが名作アニメーションを実写映画化した『アラジン』について語った。演じるのは、3つの願いをかなえてくれる“ランプの魔人”ことジーニー。予告編が公開された際、「青すぎるウィル・スミス」と話題になった実写版のジーニーは「実は100%CGなんだ」と教えてくれた。

 「話題になったのは知っているよ。僕自身が演じていると思っている人も多いんだけど、全身が青い状態のジーニーはすべてCG。本当に驚いちゃうよね。おかげで自由度があがって、臨機応変にアドリブを試すこともできた。とにかく、ユニークな存在にしたかったから」(スミス)

 もちろん、人間の姿に変身したジーニーはスミス本人が演じ、主人公アラジンとの胸が高鳴るアドベンチャー、思わず体が動き出すミュージカルシーンを披露。ラッパーとしてデビューした経歴をもち「歌に演技に大活躍さ(笑)。まさにキャリア30年の集大成といえる役どころだった」と手応えは十分だ。1992年に公開されたアニメーション版では、亡くなったロビン・ウィリアムズさんがジーニーの声を担当しており「誰もが愛するアイコンを壊してしまうんじゃないかと、不安や恐怖を覚えた」という。「だからこそ、ロビンにオマージュを捧げつつ、新しいジーニー像を作り上げることを意識した」と語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >