2019/05/25 14:30

R18+殺人の過激描写が話題のトリアー新作に評論家ら「笑える作品」

トリアーの7年ぶりのカンヌカムバック作の見どころは?
トリアーの7年ぶりのカンヌカムバック作の見どころは?

 [映画.com ニュース] 鬼才ラース・フォン・トリアー監督の新作「ハウス・ジャック・ビルト」の公開を記念し、トリアー監督エアファンミーティングと題したトークイベントが5月24日都内であり、滝本誠氏、柳下毅一郎氏、町山広美氏が編集者の品川亮氏の進行で、今作の見どころを語った。

 ヒトラーに関する問題発言でカンヌ国際映画祭追放処分を受けたトリアーの7年ぶりのカンヌカムバック作。架空の米国の町を舞台に、マット・ディロンが演じるシリアルキラーの内なる葛藤と欲望を過激描写の連続で描いたスリラー。

 デビュー作からトリアー監督の作品を追っているという柳下氏は、主人公の「芸術には残酷さが必要だ」というセリフを挙げ、「『アンチクライスト』『ニンフォマニアック』で叩かれたので、やってやろうじゃないかと思ったのではないか」と、トリアーがさらに過激な描写に挑んだ理由を分析。鬱(うつ)的な作風で知られるが、「この作品は躁(そう)転している。勝手に喜んでいる感じがあった」「ずっとトリアーのことは好きなので、良い悪いではなく、今回もがんばってるねという仲間意識で見た。笑えるところも多い」との感想。さらに、殺人の欲求に取り付かれた主人公の描写については「実際とは違うけど、意外とちゃんと調べてやってるなと思った。有名なネタはしっかり取り込んでいる」と評した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >