2019/05/27 13:00

グザビエ・ドランがカンヌで新作お披露目 原点回帰の親密な物語

グザビエ・ドラン監督 Photo by Ian Langsdon/EPA-EFE/Pool/Getty Images
グザビエ・ドラン監督 Photo by Ian Langsdon/EPA-EFE/Pool/Getty Images

 [映画.com ニュース]カンヌ映画祭終盤では、注目の3作品が続々と披露された。まずはグザビエ・ドランの新作、「Matthias and Maxime」。20代の幼馴染みの男友だちが、知り合いの学生映画でキスシーンを演じたことから、自身のセクシュアリティに目覚め微妙な仲になっていく。ドラン自身に近い親密な物語であると同時にマキシム役を彼自身が演じていることでも話題に。ドランは記者会見で、これはあくまでフィクションと断りながらも、「僕はずっと友だちがいなかったけれど、二十代後半でやっと友情というものを知ったのをきっかけにこの映画を作ろうと思った」と語った。前作「The Dearth and Life of John F. Donovan」では、キット・ハリントンを主演にハリウッドを舞台にしたドランだが、本作では原点に回帰したような瑞々しい魅力とノスタルジックな味わいに満ちている。

 批評家から大きな支持を受けたのがポン・ジュノの「Parasite」だ。貧しい家族の息子が裕福な娘の家庭教師になったのをきっかけに、一家全員がそのブルジョワ家庭に支えることになり、そこからだるま式に問題が発生していく。この監督ならではの独創性に富み、今日の韓国社会を反映した問題を力強くユーモラスに描き、エンターテインニングな一作に仕上がった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >