2019/05/28 13:00

フランス映画祭2019団長は「男と女」クロード・ルルーシュ ミューズ中谷美紀が仏語でスピーチ

 [映画.com ニュース] 6月20日から横浜で開催される「フランス映画祭 2019 横浜」のラインアップ発表会見が5月28日、フランス大使館大使公邸であり、フェスティバル・ミューズを務める中谷美紀、ローラン・ピック駐日フランス大使、ユニフランス・フィルムズ・インターナショナルのイザベル・ジョルダーノ、林文子横浜市長、日産自動車の川口均氏が出席した。

 フランスの最新映画を紹介する映画祭で、27回目となる今年は、横浜開港160周年、ユニフランス設立70周年、横浜とリヨンの姉妹都市締結60周年を記念する。団長は「男と女」で知られるクロード・ルルーシュ監督で、カンヌ映画祭でお披露目された最新作「男と女III 人生最良の日々(仮)」を携え来日する。

 フランス映画への造詣が深く、語学が堪能な中谷は「ルミエール兄弟が映画をもたらして以来、フランス映画は人々の心に寄り添い、言葉を代弁し、時には社会問題提起をするもの。横浜はカンヌにも似ています、街の風情も楽しんでいただけたら。ぜひ、ご来場をお待ちしています」とフランス語でスピーチ。フランス映画の魅力について「10代からフランス映画が大好き。『気狂いピエロ』『勝手にしやがれ』『大人は判ってくれない』など、ヌーベルバーグから見始めました。今回、ルルーシュ監督にお目にかかれることが楽しみ。ハリウッド映画もエンタテインメントとしてと楽しいですが、光と影を大切に捉え、人生を見つめ、弱者へ眼差しを向け、ピリッとした笑いもあるのがフランス映画」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >