2019/05/28 18:00

深川麻衣、“大先輩”たちから学んだ姿勢とは?

 [映画.com ニュース] かわぐちかいじ氏の人気コミックを実写映画化した「空母いぶき」が、5月24日に全国331スクリーンで公開され、堅調な滑り出しを見せている。同作にコンビニ店員・森山しおりとして出演する女優の深川麻衣が、映画.comの取材に応じた。

 若松節朗監督がメガホンをとった今作は、日本の最南端沖で国籍不明の軍事勢力が領土の一部を占拠し、海上保安庁の隊員を拘束する事態が発生した近未来が舞台。政府は、初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とした護衛艦群を現場に派遣する……。緊張感みなぎるシーンが続く本編にあって、中井貴一が店長に扮するコンビニでは翌日のクリスマスイブに向けて慌しくも平穏な時間が流れ、見る者にとって肩の力を抜くことができる数少ないシーンとなっている。

 本作の見どころは、もちろん命がけの任務にあたる自衛官たち、究極の選択に迫られる首相らの姿にあるが、市井の人々の象徴ともいえるコンビニで働く人々や客の姿を挿入することで、“有事”の最前線との対比を効果的に見せている。そしてまた、たまたま取材で「いぶき」に乗り込んでいた一般紙記者(小倉久寛)が当該コンビニで購入したある商品との繋がりが、見る者に「他人事ではない」と感じさせることにも成功している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >