2019/05/28 20:00

クイックシルバーとフラッシュ、速いのはどっち?「X-MEN」キャストが韓国で会見

ファンイベントには約2000人のファンが集結した (C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
ファンイベントには約2000人のファンが集結した (C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

 [映画.com ニュース] 「X-MEN」シリーズの最新作「X-MEN:ダーク・フェニックス」の記者会見とファンイベントが5月27日(現地時間)、韓国・ソウルで行われ、主演のソフィー・ターナーらが出席した。

 シリーズ最終章となる本作は、人類初のミュータント、アポカリプスとの壮絶な戦いを描いた前作「X-MEN:アポカリプス」から10年後が舞台。宇宙での任務中に起きた事故によってジーン(ターナー)のダークサイドが増殖し、内に封じ込められていたもう一つの人格ダーク・フェニックスを解き放ってしまう。

 記者会見には、ターナー、マイケル・ファスベンダー、タイ・シェリダン、エバン・ピーターズ、サイモン・キンバーグ監督が登壇。ターナーは「ジーン・グレイという主役を任せてくれて本当にうれしかった。このシリーズは製作陣とキャスト陣が人間性のあるキャラクターをしっかりと作り上げてきたから人々に愛され、レガシーがある」とシリーズの存在を称え、「今度の『ダーク・フェニックス』はアクションもすごいの!」と胸を張った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >