2019/05/29 06:00

舞台「サザエさん」ワカメ役は「乃木坂46」秋元真夏&「日向坂46」齊藤京子のダブルキャスト

誰も知らない10年後の物語が明らかに (C)長谷川町子美術館
誰も知らない10年後の物語が明らかに (C)長谷川町子美術館

 [映画.com ニュース] 1969年から放送されている国民的アニメの舞台版「サザエさん」の最後のメインキャストとなる磯野家の次女ワカメ役が発表され、「乃木坂46」の秋元真夏と「日向坂46」の齊藤京子がダブルキャストで同役を演じることが明らかになった。

 磯野家を演じる全キャストの発表に伴い、メインビジュアルも公開された。テレビアニメ版でもおなじみの磯野家をバックに、サザエ役の藤原紀香、マスオ役の原田龍二、波平役の松平健、フネ役の高橋惠子、カツオ役の荒牧慶彦、ワカメ役の秋元と齊藤、タラオ役の大平峻也と、メインキャストが勢ぞろいしたものとなっている。

 「サザエさん」は、長谷川町子さんによる4コマ漫画が原作で、2019年にアニメ放送50周年、2020年には長谷川さんの生誕100年を迎える。舞台版では磯野家の大黒柱・波平が定年退職、長男カツオは大学、ワカメは専門学校へ進学し、フグ田家の長男タラオが中学生になるなど、誰も知らない10年後の物語が明らかとなる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >