2019/05/29 12:00

過激集団によるセット破壊、主演女優が懸賞首に… インド「パドマーワト」が直面した過酷な危機

暴力的な美しさを発揮する「パドマーワト」 場面写真 (C)Viacom 18 Motion Pictures (C)Bhansali Productions
暴力的な美しさを発揮する「パドマーワト」 場面写真 (C)Viacom 18 Motion Pictures (C)Bhansali Productions

 [映画.com ニュース] “インド映画史上最大規模の製作費”(当時)という約3300万ドル(1ドル=110円換算で約36.3億円)を投じて創出された「パドマーワト 女神の誕生」が、6月7日から日本公開を迎える。インドでは誰もが知る伝記を、絢爛豪華な映像で現代に復活させる一大プロジェクトだったが、その製作は常に“インドならではの危機”にさらされていた。

 16世紀に生み出された伝記を基に、数々の歴史ものや古典を映像化してきた巨匠サンジャイ・リーラ・バンサーリー監督が映画化。巨額の費用を投じられて撮影が始まったが、「インド古来の民族ラージプート族や、彼らが信仰するヒンドゥー教を侮辱する内容」「伝記では高貴な存在として描かれてきたパドマーワティ妃が、イスラム王アラーウッディーンに心を奪われる不貞描写がある」などの噂が飛び交い、一部の過激団体が撮影現場に押しかけセットや機材を破壊。その後も、同監督や主演女優ディーピカー・パードゥコーンに“懸賞金”をかける者がネット上に現れたほか、政治家がこれらの問題に言及し、ラージプート族の出身地であるラージャスターン州(インド北西部)と近辺の州では上映が認められないなど、騒動は拡大の一途をたどっていった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >