2019/05/30 17:00

「サーフィンはこんなに楽しいんだ」 吉沢悠&馬場ふみか“聖地”で経験したこと

 [映画.com ニュース] 東京オリンピックの競技種目に決まっているサーフィンが題材の映画「ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave」が、5月31日から全国公開される。美しい原風景と絶好の波が押し寄せる鹿児島・種子島でのロケで、主演の吉沢悠とヒロイン役の馬場ふみかが映画.comの取材に応じた。

 前作は、故大杉漣さんが主演した「ライフ・オン・ザ・ロングボード」(2005)。定年後に突然サーフィンに目覚め、種子島に移り住んだ中年男性・米倉一雄(大杉さん)の第2の人生を爽やかに描いた。続編となる今作は、その13年後が舞台。一流サーファーだがいい加減な性格の主人公・梅原光太郎(吉沢)が、種子島の波や人々の温かさに触れ、再起していく姿を映し出す。

 種子島は“サーフィンの聖地”とも呼ばれている。そんな土地で、吉沢は趣味のサーフィンを思いきり楽しみながら、映画製作に打ち込んでいた。技術向上のため約1カ月前から種子島に住み込んでおり、日に焼けた精悍な顔つきはスタッフ・キャストから「島民よりも島民っぽい」と言われるほど。カメラの前で芝居するというよりは、島で生活しているからこそ自然に生じる行動を、ひたすら映し取っているようだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >