2019/05/30 22:26

石橋静河、日本映画批評家大賞・主演女優賞に「育ててくれた両親に感謝したい」

 [映画.com ニュース] 第28回日本映画批評家大賞の授賞式が5月30日、都内のホールで行われた。

 作品賞は、鄭義信監督が自身の戯曲を映画化した初監督作品「焼肉ドラゴン」が受賞。「日韓関係が日々悪くなり、ヘイトスピーチが蔓延する中、愛と勇気を持って賞をくれた皆さんに感謝します。在日の家族の小さな話を愛してくれた皆さん、関わってくれたすべての皆さんに感謝の言葉を送ります」と満面の笑みを浮かべた。

 主演男優賞は、異端の編集者・末井昭氏の半生を描いた「素敵なダイナマイトスキャンダル」の柄本佑が選ばれ、「末井さんが自主規制なく編集されていた精神は継がなければいけない。規制することなく作ろうと、皆が悪い顔をしながら企んだ作品。ここに立っていられるのがうれしい」と感慨深げだ。

 柄本も出演した「きみの鳥はうたえる」で主演女優賞に輝いた石橋静河は、「うれしい半面、責任がよりかかると感じざるをえない。これからも誠実にひとつひとつの役と向き合って演じていきたい」と新たな意欲。さらに、「私は気難しい、手のかかる子どもでした。喜びを分かち合いながら、ちゃんと仕事ができるまでに育ててくれた両親に感謝したい」と話した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >