2019/05/31 15:30

「万引き家族」是枝裕和監督に藤本賞「映画は不思議な生まれ方、育ち方をする」

目覚ましい活躍を見せた映画製作者を表彰
目覚ましい活躍を見せた映画製作者を表彰

 [映画.com ニュース]第38回藤本賞の授賞式が5月31日、都内のホールで行われた。生涯で269作品を残したプロデューサー・藤本真澄氏の功績を称え、目覚ましい活躍を見せた映画製作者を表彰するもので、「万引き家族」の是枝裕和監督が受賞。同特別賞は「翔んで埼玉」の若松央樹プロデューサー、奨励賞は「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の増本淳プロデューサー、新人賞は「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督にそれぞれ贈られた。

 是枝監督は受賞の一報を受け、「プロデューサーがもらう賞なので、違うのではないかと懸念する返事をした」そうだが、前例があることを知らされた。さらに、同作のプロデューサーにも同様の思いを伝えたところ、「三谷(幸喜)さんももらっています」と促され翻意したという。

 「デビュー当時は1本1本、当たるか当たらないか、次が作れるのかという不安が続いていたが、この5年くらいはプロデューサーチームとも気心が知れて分かり合える形で映画を作れている。映画は本当に監督だけではできないと改めて感じている」としみじみ。「万引き家族」は現在もロングラン中で、興収46億7000万円を突破したが、「内容的にもあまり広げなくていいと、興行のことを考えずにやった。スタートとゴールがこんなにも違って、映画は不思議な生まれ方、育ち方をすると思ったけれど、いい方に転んだから良かった」と安どの笑みを浮かべた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >