2019/06/03 12:00

人気子役・新津ちせ&斎藤工、ミッシェル・オスロ監督最新作の日本語吹き替え声優に!

舞台は“ベル・エポック”と呼ばれた時代のパリ (C)2018 NORD-OUEST FILMS - STUDIO O - ARTE FRANCE CINEMA - MARS FILMS - WILD BUNCH - MAC GUFF LIGNE - ARTEMIS PRODUCTIONS - SENATOR FILM PRODUKTION
舞台は“ベル・エポック”と呼ばれた時代のパリ (C)2018 NORD-OUEST FILMS - STUDIO O - ARTE FRANCE CINEMA - MARS FILMS - WILD BUNCH - MAC GUFF LIGNE - ARTEMIS PRODUCTIONS - SENATOR FILM PRODUKTION

 [映画.com ニュース] 人気子役の新津ちせちゃんと俳優の斎藤工が、フランスアニメーション界の巨匠ミッシェル・オスロ監督の最新作「ディリリとパリの時間旅行」の日本語吹き替え版声優を務めることがわかった。

 「キリクと魔女」「夜のとばりの物語」で知られるオスロ監督が物語の舞台に選んだのは、19世紀末から20世紀初頭のパリ。新たな芸術や科学技術が花開き“ベル・エポック”と呼ばれた美しい時代だ。ニューカレドニアからやってきた主人公ディリリが、パリで出会った最初の友人オレルとともに、キュリー夫人やパスツール、ピカソ、マティス、モネ、ロートレック、プルースト、サラ・ベルナールら、この時代を彩った多くの天才たちと出会い、不可解な誘拐事件の謎を解いていく。

 夕暮れのヴァンドーム広場、着飾った人々が集うオペラ座、チェイルリー公園や凱旋門といった劇中の背景は、オスロ監督自身が4年間撮りためた写真を元に作成。息をのむほどに美しいパリの風景に「イングリッシュ・ペイシェント」「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」のガブリエル・ヤーレが創造した音楽が重なり、“ベル・エポック”のパリにタイムスリップしたかのようなひと時が味わえる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >