2019/06/04 15:54

2020年大河「麒麟がくる」撮入、光秀・長谷川博己「期待以上のものお見せできる」

手応えのほどをうかがわせた長谷川博己(中央)
手応えのほどをうかがわせた長谷川博己(中央)

 [映画.com ニュース] 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」のクランクイン会見が6月4日、都内のスタジオで行われ、主演の長谷川博己をはじめ門脇麦、西村まさ彦、沢尻エリカ、堺正章、本木雅弘が出席した。

 今月3日に撮入した主人公・明智光秀役の長谷川は、「すごいセットで、大河はスケール感が違う。ものすごく心が躍動しています」と笑顔。声をはずませた。ファーストシーンは、主君の斎藤道三を演じる本木とその娘・帰蝶役の沢尻と戦況を話し合う場面で、「いい緊張感の中で、自然と役に入っていった感覚があった」と早くも手応え十分の様子だ。

 大河ドラマで初めて4Kでのフル撮影のため、制作統括の落合将チーフ・プロデューサーによれば衣装を風水などを意識した鮮やかな色合いになっているという。烏帽子に水色の正装姿の長谷川は、「風のような感じですよね」と照れながらも満足そう。そして、「王道でありながら、新しい大河になる。期待以上のものがお見せできると思います」と自信のほどを語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >