2019/06/04 22:56

古舘佑太郎、石橋静河は「女神」!

舞台挨拶に立った古舘佑太郎、石橋静河ら
舞台挨拶に立った古舘佑太郎、石橋静河ら

 [映画.com ニュース] 古舘佑太郎、石橋静河が出演する「いちごの唄」(菅原伸太郎監督)の完成披露試写イベントが6月4日、東京・新宿ピカデリーで行われ、古舘、石橋とともに和久井映見、岸井ゆきの、峯田和伸、宮本信子の主要キャストが勢揃いした。

 脚本家・岡田惠和氏と「銀杏BOYZ」の峯田和伸が共同名義で執筆した同名小説が原作。名曲「漂流教室」「ぽあだむ」などをイメージソースに、純真無垢な青年コウタ(古舘)が中学時代に女神と崇めていた初恋の相手、千日(石橋)と10年後に再会し、恋心を抱く姿を描く。

 主演の古舘は「自分の中では、コウタという人間をどうやっていいか、ずっと分からなかった。撮影が始まる前に石橋さんと本読みをしてから、ガラッと自分の中で変わった。『頭で考えるな、直感で演じろ』と彼女に教えてもらった。劇中では、女神だと崇めているんですけども、役以外でも女神だと崇めています」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >