2019/06/05 15:00

鬼才デビッド・リンチ監督にアカデミー名誉賞授与

デビッド・リンチ Photo by Frederick M. Brown/Getty Images
デビッド・リンチ Photo by Frederick M. Brown/Getty Images

 [映画.com ニュース] アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミー(AMPAS)は、ガバナーズ賞でデビッド・リンチ監督、俳優ウェス・ステューディ、イタリアの女性監督リナ・ウェルトミューラーの3人に名誉賞を授与すると発表した。

 ガバナーズ賞は、アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーの理事会が映画界に貢献した人物に授与する賞で、当初はアカデミー賞授賞式中継内で授与されていた名誉賞を独立させたもの。「アカデミーが毎年授与するガバナーズ賞は、芸術のために人生を捧げ、われわれの業界に留まらない貢献をした方々を称賛するためのものです」と、AMPASのジョン・ベイリー会長は説明している。

 カルト映画の帝王として知られるリンチ監督は、「エレファント・マン」「ブルーベルベット」「マルホランド・ドライブ」と、これまでに3度、アカデミー賞監督賞にノミネートされているが受賞はない。

 ネイティブアメリカンの名優ステューディは、「ダンス・ウィズ・ウルブス」で注目を集め、「ラスト・オブ・モヒカン」「ジェロニモ」「ヒート」などで、自らのルーツを生かした個性的なキャラクターを演じたことが評価された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >