2019/06/05 18:05

「ホール・ニュー・ワールド」上手に歌うコツは? ディズニー音楽の巨匠に聞いてみた!

アラン・メンケンが名曲の歌い方を伝授! (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
アラン・メンケンが名曲の歌い方を伝授! (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] ウォルト・ディズニーが名作アニメーションを実写映画化した「アラジン」。音楽を手がけたアラン・メンケンが、重要なシーンで流れる楽曲「ホール・ニュー・ワールド」を上手に歌うコツを教えてくれた。

 貧しいが清らかな心をもつ青年アラジンと王女ジャスミンの身分違いのロマンス、3つの願いをかなえる魔法のランプをめぐる冒険を描いた「アラジン(1992)」を、「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督が実写映画化。エジプト出身でカナダ育ちの新人メナ・マスードがアラジン、「パワーレンジャー」のナオミ・スコットがジャスミンを演じている。

 メンケンは「アラジン」「美女と野獣」など数々のディズニー音楽を作曲し、アカデミー賞8回、ゴールデングローブ賞7回、グラミー賞11回の受賞歴を誇る。

 日本で長く親しまれてきた「ホール・ニュー・ワールド」を歌うコツについて、メンケンは「この曲はとにかく感情的です。だから、歌う時はとにかく感情を出すこと。単に歌うのではなく、『I can show you the world, shining, shimmering……』というように誰かに語りかけるよう、会話のように歌うと良いと思います」とレクチャーする。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >