2019/06/05 21:37

香取慎吾、白石和彌作品の“常連”を熱望! 話題の電撃婚は「お似合いだと思います」

舞台挨拶に立った香取慎吾ら
舞台挨拶に立った香取慎吾ら

 [映画.com ニュース] 香取慎吾と白石和彌監督が初タッグを組んだ映画「凪待ち」の完成披露試写会が6月5日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、香取と白石監督をはじめ、共演の恒松祐里、西田尚美、音尾琢真、リリー・フランキーが出席した。

 本作で描かれるのは「喪失と再生」をテーマに掲げた重厚な人間ドラマ。主演の香取が扮するのは、パートナーの女性とその娘とともに宮城県石巻市で再出発しようとする男・郁男。平穏に見えた3人の暮らしが、小さな綻びが積み重なることによって、やがて取り返しのつかない事態を招いてしまう。

 公式SNSに寄せられた「今後、白石監督と組むとしたら、どんな役をやりたい?」というファンの質問に答えることになった香取。「(本作は)白石監督の作品のなかでも、あまりないような、人間の心を描くヒューマンドラマ。そう聞いていて、撮影が始まったんですが、毎日誰かにボコボコにされていた(笑)。だから、どんな役でも平気ですよ。リリーさん、音尾さんのように、白石組を見たら僕がいるというくらい、参加できたら」と白石組の“常連俳優”を熱望した。その決意は、音尾から「地元のヤンキーの先輩で、出てきたらすぐ死ぬ役でもいいんですか?」と言葉を投げかけられても「全然いいですよ」とかなり固い様子。すると、白石監督は「音尾君のように、雑には扱わないので大丈夫です」と補足して、場内の笑いを誘っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >