2019/06/06 10:00

品田誠監督が藤原季節を主演に迎えた最新作「鼓動」は“二人の夢の始まり”

「鼓動」キービジュアル (C)映画「鼓動」製作パートナーズ/撮影:今尾偲
「鼓動」キービジュアル (C)映画「鼓動」製作パートナーズ/撮影:今尾偲

 [映画.com ニュース] 「不感症になっていくこれからの僕らについて」で第12回田辺・弁慶映画祭の映画.com賞を受賞した品田誠監督が、藤原季節主演で撮り下ろす最新作「鼓動」が今月中の完成を目指し、現在仕上げ作業に入っている。このほど場面写真が公開された。

 品田監督は、役者としてキャリアをはじめ、初監督作品「ノンフィクション」、続く「マヨネーズラブ」で国内映画祭などに入選。その後「Dear」も高い評価を得て、「不感症になっていくこれからの僕らについて」が第12回田辺・弁慶映画祭で映画.com賞を受賞した。俳優としては、「Lemon&Letter」にて海外映画祭で2度の最優秀主演男優賞を受賞。池袋シネマロサで出演・監督作品を一挙上映する「the face」第一弾に選ばれ、監督・俳優の両面で注目を集めている。

 最新作の「鼓動」は、品田誠が今まで見聞きしてきた物語の中でも、特に語られたがっていると感じた物語を選び、映画にしたもの。本作は実際に起こった出来事や人物からインスパイアされた。「素晴らしいキャストとスタッフに語ってもらい、更なるドラマが生まれていきました。日常に潜む身近で小さな音を、今一度感じてもらえるような作品になることを願います」と品田監督。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >