2019/06/06 18:00

観客を挑発したい―― 天才監督・石井裕也が「町田くんの世界」で示した“映画表現の自由”

 [映画.com ニュース] こんな主人公、見たことない。安藤ゆき氏の人気少女漫画を映画化した「町田くんの世界」(6月7日公開)は、特に派手な物語ではないのにも関わらず、見るものをただただ驚嘆せしめる。主人公・町田くん(細田佳央太)のあまりにもピュアな思考と行動は、同級生たちの心に澱のようにねばつく諦観や悪意を拭い去り、彼らに新たな“世界”を見せていく。(取材・文・写真/編集部)

 青春の甘酸っぱさが鮮明に脳裏をよぎる恋愛もののようでもあり、一方で主役が次々と強敵を打ち倒し仲間にしていくバトルもののようでもあり、さらには心躍る冒険活劇を彷彿させたりもする。どの邦画とも似ていない。しかしこの優しく包み込むような筋書きには、胸のつかえを取り去ってくれるような癒しを感じる。平成が終わり、令和という新時代が高らかに幕開けを告げた今、まったく新感覚のジャンルレス映画が産声を上げた。

 メガホンをとったのは石井裕也監督。2013年の「舟を編む」で日本アカデミー賞の最優秀監督賞を史上最年少で獲得し、いまや最も新作を渇望されるフィルムメーカーとして知られている。彼に相対すると、“天才”の呼び名をほしいままにする理由がよくわかる。「流行しているものにも、やっぱり飛びついてみたい」「人が人を好きになるということは、ほとんど奇跡に近い」「観客の皆さんを挑発したい」。インタビューをする最中、数々のしびれる言葉が放たれまくり、その才気もほとばしりまくった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >