2019/06/07 07:00

バカリズムが描くOLのリアル!? 主演&脚本を担った「劇場版 架空OL日記」20年公開

バカリズムがそのままの姿で主人公のOLを演じる
バカリズムがそのままの姿で主人公のOLを演じる

 [映画.com ニュース] お笑い芸人のバカリズムが主演、脚本を担当し、2017年に放送された連続ドラマ「架空OL日記」が、「劇場版 架空OL日記」のタイトルで映画化されることが決定した。原作は、バカリズムが06年から3年にわたり、銀行勤めのOLのふりをして執筆していたブログを書籍化した「架空OL日記」(小学館刊)。読者が本物のOLが書いているとだまされたほどのリアリティで働く女性の日常や心理を描き、多くの共感と支持が寄せられた。

 バカリズム本人がそのままの姿でOLを演じていることでも話題を呼んだ本作。第55回ギャラクシー賞の奨励賞に輝いたほか、脚本を担当したバカリズムは、同ギャラクシー賞の特別賞、そして優れた脚本家におくられる第36回向田邦子賞を受賞した。

 ドラマ「素敵な選TAXI」や、日本テレビ初の朝ドラマ「生田家の朝」などの脚本を手掛け、受賞を重ねてきたバカリズム。「そのうちやれるとは思っていましたが、率直な気持ちとしては、嬉しいです。その一言ですね」と映画化の喜びを語る。「これといった事件は起きないのですが、見る人が心地よく、ずっと見ていられる作品」だと表現し、「正直意気込むようなタイプの作品では無いのかなと思っています。意気込むと、リアルでは無くなってしまうので、普通に生活している様子を見せられたら、と思っています」とコメントを寄せた。

 ドラマに引き続きメガホンをとった住田崇監督は、「深夜ドラマでひっそり好きなことをやろうからスタートしたのが映画化なんてすごく嬉しいです」と心情を明かす。バカリズムとの再タッグについて、「バカリズム脚本史上、一番クレイジーな作品かと。そのクレイジーさを丁寧に紡ぎたいです」とアピールした。

 「劇場版 架空OL日記」は、20年から全国で公開。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >