2019/06/07 16:30

三池崇史監督「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019」国際コンペの審査委員長に

会見に出席した三池崇史、荻上直子、 上田慎一郎ら
会見に出席した三池崇史、荻上直子、 上田慎一郎ら

 [映画.com ニュース] 最新作「初恋」が第72回カンヌ国際映画祭の監督週間に選出された三池崇史監督が「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019」国際コンペティションの審査委員長を務めることになり、6月7日に都内で行われた記者会見に出席。「審査員はむずがゆいんですけど、審査委員長となれば、もう開き直るしかない」と意気込みを語った。

 同映画祭は世界に先駆け、デジタルシネマにフォーカスした次代を担う若手映像クリエイターの登竜門。過去には白石和彌監督(「孤狼の血」)や中野量太監督(「湯を沸かすほどの熱い愛」)らを輩出している。今年はコンペティション部門は国際部門(10本)、国内長編部門(5本)国内短編部門(9本)に分けられ、92の国と地域から、計861本の応募があった。

 三池監督はデビューを飾った約30年前を振り返り「当時から、こういう映画祭がもっとあってくれたら、より面白い展開があったのかも」。自身もトロント国際映画祭を皮切りに、いち早く海外で評価された経歴をもつだけに、「作り手は(映画祭を)目標にしているわけではないが、たくさんの人に見てもらえるチャンスをいただける。扉を開いてくれる場だと思う」と語り、「この映画祭に出品して良かったと思ってもらえるような“道”を作れれば。自分自身も刺激を受けるのを楽しみにしている」と期待を寄せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >