2019/06/08 07:00

今年のコミコン、DC映画のプレゼンはなし

2016年の「スーサイド・スクワッド」の模様
2016年の「スーサイド・スクワッド」の模様

 [映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが、7月に行われるサンディエゴ・コミコン・インターナショナルでDC映画の新作のプレゼンテーションを行わないことが明らかになった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

 サンディエゴで毎年行われるコミコン・インターナショナルは、世界最大級のポップカルチャーイベントとして知られている。サンディエゴ・コンベンション・センターの「ホールH」は、新作映画やドラマのプレゼン会場として認知され、出演俳優による挨拶や未公開フッテージの公開が行われるのが常だ。ワーナーも、これまでに「ワンダーウーマン」「アクアマン」といったDC作品のプレゼンテーションを行ってきた。

 ワーナーは現在、ホアキン・フェニックス主演の「ジョーカー」、マーゴット・ロビー主演の「バーズ・オブ・プレイ(原題)」、大ヒット映画の続編「ワンダーウーマン1984(原題)」といったDCコミック原作映画を手がけているものの、今年のコミコンでは一切発表しない。その理由については不明だ。

 ただし、ワーナーがコミコンを避けるわけではなく、直前に行われるイベント「ScareDiego」では「IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」のプレゼンテーションを行う予定だという。サンディエゴ・コミコン・インターナショナルは7月18~21日、サンディエゴ・コンベンション・センターで行われる。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >