2019/06/10 11:00

チャン・イーモウ監督が「本当に撮りたい物語」 水墨画の世界観で描く「SHADOW」9月公開

ポスター&予告編も完成! (C)2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing) Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED.
ポスター&予告編も完成! (C)2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing) Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED.

 [映画.com ニュース] 中国映画界の巨匠チャン・イーモウ監督が、構想から撮影開始までに3年半の歳月をかけた新作「SHADOW(原題)」が、「SHADOW 影武者」の邦題で9月6日から全国公開されることが決定。あわせて、日本版本ポスタービジュアルと本予告映像がお披露目された。

 本作は「自分が本当に撮りたい物語と巡り合った」というチャン監督が、「HERO(2002)」「LOVERS」の主要スタッフと再タッグを組み、「三国志」の荊州争奪戦をダイナミックにアレンジした歴史活劇。第75回ベネチア国際映画祭で上映され、米批評家サイト「Rotten Tomatoes」では95%(5月31日時点)をマーク。第55回金馬奨で4部門、アジア版アカデミー賞といわれる第13回アジア・フィルム・アワードでは最多の4部門を受賞し、米バラエティが発表した「2018 最も期待される映画20本」に選出されている。

 戦国時代、沛(ペイ)国が領土を敵の炎国に奪われて20年。若くしてトップを継いだ王は、敵と休戦同盟を結び、平和だが屈辱的な日々に甘んじていた。奪還を願う男たちの燃え上がる闘志を束ねているのが、頭脳明晰で武芸の達人の重臣・都督(トトク)だ。彼は敵の将軍にして最強の戦士・楊蒼(ヤン・ツァン)に、手合わせを申し込む。彼の勝手な行動に怒り狂う王だったが、実は目の前にいる都督は“影武者”だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

今日はダラダラしてしまいそう。部屋の中が散らかるとやる気が...もっと見る >