2019/06/10 13:00

ドウェイン・ジョンソン主演のDC映画「ブラックアダム」にジャウム・コレット=セラ監督が交渉中

ドウェイン・ジョンソンも絶賛する手腕 Photo by Joe Maher/FilmMagic/Getty Images
ドウェイン・ジョンソンも絶賛する手腕 Photo by Joe Maher/FilmMagic/Getty Images

 [映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザース傘下のニューラインが、ドウェイン・ジョンソン主演のDC映画「ブラックアダム(原題)」の監督として、「アンノウン」「フライト・ゲーム」のジャウム・コレット=セラと交渉に入っていることがわかった。

 ブラックアダムことテス・アダムは、シャザムの宿敵として知られるDCコミックスの人気ヴィラン(悪役)。当初は大ヒット映画「シャザム!」でスクリーンに初登場する予定だったが、ドル箱スターのジョンソンが演じることを踏まえ、単独映画として製作される運びとなった。

 米バラエティが関係者から入手した話によれば、見た目は大人だが中身は子どもという異色ヒーローの活躍をコメディタッチで描いた「シャザム!」が、全世界興行収入3億6700万ドル(約400億円)の大ヒットを記録したことを受け、ニューラインは本作に並々ならぬ力を注ぐとともに、急ピッチで準備を進めているという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >