2019/06/11 17:00

「ゲット・アウト」コンビの再タッグ作「アス」 “わたしたち”の暴走と狂気おさめた予告完成

不気味な“わたしたち”が こちらを見つめるメインビジュアル (C)Universal Pictures
不気味な“わたしたち”が こちらを見つめるメインビジュアル (C)Universal Pictures

 [映画.com ニュース] 「ゲット・アウト」のジョーダン・ピール監督と製作のジェイソン・ブラムが再びタッグを組んだ映画「アス」の予告編とメインビジュアルが公開された。映像には、自分たちとそっくりな“わたしたち”の暴走と狂気が切り取られている。

 全米でオリジナル・ホラー作品とオリジナルR指定作品のオープニング記録歴代1位を更新した本作。米批評家サイト「Rotten Tomatoes」では94%(6月11日時点)という高評価を獲得し、2019年公開作品ランキング1位をマークした。「それでも夜は明ける」で第86回アカデミー賞の助演女優賞に輝いたルピタ・ニョンゴが主演を務めた。

 予告編の冒頭では、アデレード(ニョンゴ)が家族と休暇を過ごすため、幼少期に住んでいた米カリフォルニア・サンタクルーズにやってくる爽やかな夏のひと時を活写。しかし、ビーチで遊んだ日の夜、家の前に自分たちとよく似た“わたしたち”が姿を現す。「見た目も考え方も同じ」存在からの襲撃がエスカレートしていき、やがて「彼らを止めるには殺すしかない」というボイスオーバーとともに、血だらけのアデレードが鈍器を振りかざすさまが映し出されている。

 不気味な“わたしたち”の姿をおさめたメインビジュアルでは、無表情で座るニョンゴ、金属バットを握るウィンストン・デューク、不敵な笑みを浮かべるシャハディ・ライト・ジョセフ、マスクを被るエバン・アレックスを確認することができる。

 「アス」は、9月6日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >