2019/06/12 18:00

湯浅政明×松本大洋×野木亜紀子で劇場アニメ「犬王」製作 能楽題材のミュージカルアニメーション

湯浅政明&松本大洋が再タッグ、野木亜紀子がアニメ脚本初挑戦 (C)
湯浅政明&松本大洋が再タッグ、野木亜紀子がアニメ脚本初挑戦 (C)"INU-OH" Film Partners

 [映画.com ニュース]古川日出男氏の小説「平家物語 犬王の巻」を長編アニメ化する「犬王」の製作が決定し、ミュージカルアニメーションとして2021年に公開予定であることが発表された。「夜は短し歩けよ乙女」「夜明け告げるルーのうた」を手がけた湯浅政明が監督、「ピンポン」などで知られる漫画家・松本大洋氏がキャラクター原案を務め、テレビアニメ「ピンポン THE ANIMATION」以来の再タッグが実現。「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」の脚本家・野木亜紀子がアニメーション映画の脚本に初挑戦し、サイエンスSARUがアニメーション制作を担う。

 原作小説「平家物語 犬王の巻」は、「平家物語」の現代語訳を手がけた古川氏が、同作に連なる物語として、南北朝~室町期に活躍した能楽師・犬王の一生を描いた。題材となった犬王は、「平家物語」では「後世に多大な影響を与えた」「作品はいっさい既存していない」と記されており、湯浅監督は「歴史にはわずかにしか書き記されていない、『犬王』という猿楽師を大胆に解釈された古川さんの物語。野木さんの脚本。松本さんのイメージ。……これは面白くなるしかないですね。楽しみにしててください!」と自信をのぞかせている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >