2019/06/13 13:00

タランティーノ監督版「スター・トレック」はR指定に 本人が明言

クエンティン・タランティーノ監督 Photo by Nicholas Hunt/Getty Images for Sundance Film Festival
クエンティン・タランティーノ監督 Photo by Nicholas Hunt/Getty Images for Sundance Film Festival

 [映画.com ニュース] 企画そのものが棚上げになったかと思われていた米パラマウント・ピクチャーズのリブート版「スター・トレック」シリーズ第4弾が、クエンティン・タランティーノ監督によるバージョンで復活する可能性が出てきた。

 当初は、シリーズ前作「スター・トレック BEYOND」の第1稿を手がけた脚本家コンビ、ジョン・D・ペインとパトリック・マッケイが続投するはずだったが、2017年末、タランティーノ監督がプロデューサーのJ・J・エイブラムスに新作のアイデアを提案し、自らメガホンをとる意向を示したことで企画は急展開。ペイン&マッケイによるオリジナルバージョンをキープしたうえで、新たに起用されたマーク・L・スミス(「レヴェナント 蘇えりし者」)がタランティーノのアイデアをもとに脚本の執筆に着手するという、2バージョン同時進行体制で準備が進められてきた。

 18年4月には、ペイン&マッケイによる脚本が正式に採用されると同時に、「トースト ~幸せになるためのレシピ~」のS・J・クラークソンが監督に就任。クリス・パイン演じるカーク船長とクリス・ヘムズワース扮する亡き父ジョージの再会を描くタイムトラベルものになると報じられたが、その後、ギャラをめぐって両者ともに出演交渉が決裂したことで、企画自体が宙に浮いてしまっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >