2019/06/17 17:06

三吉彩花、上海国際映画祭に登場!バースデーサプライズに“ダンス”でお返し

 [映画.com ニュース] 矢口史靖監督の最新作「ダンスウィズミー」が6月15日、中国で開催中の第22回上海国際映画祭のガラ部門でオープニング上映され、主演の三吉彩花、矢口監督が舞台挨拶に登壇した。

 本作は、「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」などで知られる矢口監督が初挑戦したミュージカルコメディ。「音楽が流れると、歌って踊らずにいられない」という催眠をかけられた主人公・静香(三吉)が、催眠を解くため日本中を奔走する。

 上映後、観客から大きな拍手で迎えられた三吉は「歌もダンスも好きでしたけど、まさか自分がヒロインに選ばれるとは思ってもいませんでした。日本発のミュージカル映画ということで、プレッシャーにも押しつぶされそうになり、撮影中もずっと逃げたかった。でもこうやって今日、皆さんから温かい拍手をいただけて、頑張ってきてよかったと思います」と感慨深げに語った。

 矢口監督は、オーディション時を振り返り「おそらく三吉さんは緊張していたため、ずっと仏頂面でした。その顔を見て怒っているのかなと不安になりました。でも、歌とダンスが始まると別人のように華やかな印象になった」と明かす。「求めていたヒロインのキャラクターにぴったりだと思い選びました。三吉さんにして本当に良かった。彼女でなければ、この映画は成立しなかったし、静香もこんなに魅力的なキャラクターにならなかったと思います」と称えた。

 また、6月18日に23歳の誕生日を迎える三吉に、観客からサプライズでバースデーソングが送られた。矢口監督から「音楽がかかったら映画の中だったら、踊り出さないと!」と振られた三吉は、すかさずステージ上でくるりと回ってみせ、観客を沸かせていた。

 「ダンスウィズミー」は、8月16日から全国で公開。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >