2019/06/18 20:40

「アラジン」公開11日で興収38億円突破、中村倫也「作品の力強い」

芸人たちが大ヒットを歌でお祝い
芸人たちが大ヒットを歌でお祝い

 [映画.com ニュース]ディズニーの名作アニメ映画を実写化した「アラジン」の大ヒット記念イベントが6月18日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた中村倫也、木下晴香、北村一輝が舞台挨拶に登壇した。

 今月7日に全国843スクリーンで封切られ、17日までで観客動員265万人、興収38億円を突破。公開初日から毎日見ているという熱烈なファンもおり、興収124億円を記録した17年「美女と野獣」を上回る出足を見せている。

 イベントでは、まずジャファー役の北村が「想像以上に面白いと思います」とアピール。そして、アラジン役の中村とジャスミン役の木下が主題歌「ホール・ニュー・ワールド」を歌いながら現れるはずだったが、出てきたのはキャラクターになり切ったレイザーラモンRGと「北陽」の虻川美穂子、「尼神インター」の誠子と渚。観客から失笑も漏れる中、4人は気分良く歌っていたが、サビに入る直前に北村が「ちょっと待てよ」とストップをかけた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >