2019/06/19 18:00

大阪・西成で撮影、行政からの修正指示受けた「解放区」が10月18日公開

完成から5年を経て劇場公開決定
完成から5年を経て劇場公開決定

 [映画.com ニュース] 2014年の第27回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門で上映された太田真吾監督作「解放区」が10月18日、テアトル新宿で公開される。

 日本最大の“ドヤ街”を有すると言われる大阪・西成区の飛田新地、あいりんセンター、三角公園などでロケを敢行し、そこに息づく人々の「生きる姿」を映したフェイクドキュメンタリー作。

 本作は、2014年に大阪アジアン映画祭での上映を目指し、地元住民やNPO、大阪市からの後援を受け製作されたが、当時、大阪市は釜ヶ崎(あいりん地区)の再開発を中心とした西成特区構想を進めており、映画の描写が「相応しくない」と映画完成後、大阪市より内容修正指示を受けた。しかし、太田監督は修正を拒否し、大阪アジアン映画祭での上映も中止。話し合いの結果、最終的に太田監督は助成金を返還。その後は自主制作映画として東京国際映画祭などで上映され、5年の月日を経て劇場公開が決定した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >