2019/06/19 18:00

渋川清彦×浅野忠信×高良健吾×松田龍平 逮捕の実体験をもとにした豊田利晃監督作に出演

拳銃の不法所持で逮捕され不起訴処分になった 豊田利晃監督の実体験をもとに映画化
拳銃の不法所持で逮捕され不起訴処分になった 豊田利晃監督の実体験をもとに映画化

 [映画.com ニュース] 「泣き虫しょったんの奇跡」で知られる豊田利晃監督の短編映画「狼煙が呼ぶ」に、渋川清彦、浅野忠信、高良健吾、松田龍平ら豪華キャスト陣が出演していることがわかった。4月に拳銃の不法所持で逮捕され、不起訴処分になった豊田監督の実体験をもとにした物語で、「この事件に対して、映像で意志を返答したい」という強い思いで映画化の企画が始動した。

 物語の始まりは、少女が家の中で見つけた古びた拳銃。拳銃をめぐり、少しずつ過去の因果がよみがえっていく。豊田監督は所持していた拳銃について、祖父が戦争中に身を守るために使っており、父親が形見として大切に持っていたものだと明かす。「実家を処分したとき、その錆ついて動かない、YOUNG AMERICAというリボルバーが僕の家へ送られて来ました。僕には父の思いが詰まった拳銃を捨てることはできませんでした」と振り返る。

 さらに、「法という権力は思いより強いのか? 本当に思いが負けたのか? そのことについて、物語を作る者として釈然としない気持ちが残りました」と胸中を吐露。「映画監督は映画で返答する。創造することを楽しもう。いつまでも。権力のない想像力は無限の未来を夢見る。そのことを信じて」とコメントを寄せた。

 「狼煙が呼ぶ」にはほか、伊藤雄和、仲野茂、MASATO、MIUが出演。7月17日に東京・Shibuya WWW、同20日と21日に福岡・UNION SODAで上映される。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >